Q&Aイメージ画像

Q:20代のクリエイターですが、早く一人前のクリエイターと認められるにはどうしたらいいですか?

A

経験を積むしかありません。若いうちは自分の時間を削ってでも、とにかく多くの仕事をこなすことです。様々なクライアントの様々な案件に携わることです。

20年前に比べて休日も随分と多くなり、大部分のクリエイターの成長が鈍化しています。以前なら、30歳前にしっかりとディレクションもできるようになっていたクリエイターが、現在では、30代半ばでもちょっとあやしい感じです。あなたが、早く一人前のクリエイターに成長したいのならば、20〜30代の同僚の中で一番働くことです。昔のクリエイターのように量をこなさないことには話になりません。
30代で頭角を現し、稼いでいるクリエイターの20代の頃は、きっと同僚の誰よりも働いてきたはずです。

しかし、制作会社では構造的な問題があります。経験の浅いクリエイターには、自分が成長できるような仕事があまり回ってきません。上司の指示で黙々と働いていると、単純で面倒な仕事が多くなってきます。
そんな状況を変えるには、どうしても社内で認められることが必要です。依頼された作業を期限よりも早く提出する、急ぎの仕事を断らない、度重なる修正作業にもため息を漏らさない、単純なミスを繰り返さない、というクリエイターにしか仕事は多く回ってこないと思ってください。
社外でも認められるように努力してください。クライアントの担当者の立場も考えられるクリエイターに成長できれば、仕事が大きく広がっていくことでしょう。
若い頃にこのような努力をできる人が、短期間で多くの仕事を任され、貴重な経験を積むことができるのです。

逆に若い頃(20〜30代)に努力を怠ったクリエイターは、収入も低いままだったり、面白い仕事に携われないという辛い未来が待っています。そんな未来はごめんだと思う人は、今すぐに働き方を変えることです。クリエイターとしての生き方を変えるということに「手遅れ」ということはありません。(収入よりも、自分の時間を優先するクリエイターの生き方を、断じて否定しません。誤解のないように)

毎日同じ仕事をしなければならない環境に置かれたクリエイターの方は、厳しいようですが(たぶん)成長のスピードは遅くなります。若い社員でも、会社や自分の置かれている環境を変えていくことはできるかもしれませんが、数年はかかることでしょう。その数年であなたは、他の会社のクリエイターに大きな大きな差をつけられてしまいます。

昨日と同じことを今日も繰り返している環境では、クリエイターとしての早い成長はまず無理だということです。本当に成長を早めたいなら『会社を変わる』ことが最も効率的な方法かもしれません。

関連記事

  1. Q&Aイメージ画像

    Q:他の業種に比べてクリエイターは給料の上昇が鈍いと聞きました。本当で…

  2. Q&Aイメージ画像

    Q:歳を取るとセンスも古臭くなり、良いアイデアが出なくなるのでは?

PAGE TOP